×
2017年10月07日(土)
明治安田生命 J2リーグ 第36節
  • 徳島 VS 群馬  鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
  • 徳島 VS 群馬  鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
  • 徳島 VS 群馬  鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
  • 徳島 VS 群馬  鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島 徳島 4 - 1 群馬 群馬
勝点 54 → 57 3 - 1 勝点 19 → 19
1 - 0
得点
17 山﨑 凌吾 2'
20' 岡田 翔平 15
17 山﨑 凌吾 22'
16 渡 大生 25'
10 大﨑 淳矢 90'+5
戦評

互いに攻撃面で持ち味を発揮した一戦は、ホームの徳島に軍配が上がった。開始早々から攻勢を掛ける徳島は、山崎の高さを利用した中央突破と馬渡、内田の両サイドを生かしたサイド攻撃を効果的に使い分けて群馬の守備陣を手玉に取る。後半は守備に軸足を置き、ボールを奪えば素早いカウンターからフィニッシュまで持ち込む盤石の展開。試合運びのうまさで相手を上回り、7試合ぶりに白星をつかんだ。一方の群馬は前線の3人を中心に織りなすコンビネーションは相手の脅威となっていただけに、前半に喫した3失点が悔やまれる敗戦となった。

試合詳細を見る
他のレポート